豚肉の部位

ネック  脂肪分が多く、焼肉に適している。トントロと呼ばれているのはこの部位です。
かた  きめが粗く、硬め。脂肪分が多少あるため、角切りにして煮込むととてもよい味が出ます。シチューやポークビーンズに。
かたロース  きめはやや粗く、かためでコクのある濃厚な味です。カレーや焼豚・しょうが焼きなどに。すじを切ってからの調理を。
ロース  きめが細かく、適度な脂肪でヒレと並ぶ最上部位。外側の脂肪にうま味があり、トンカツ、豚しゃぶにも。ロースハムの原料。
ヒレ  きめの細かい柔らかな部位で、脂肪分が少なくビタミンB1が豊富。トンカツ、ソテーなど油を使う料理に最適です。
ばら  赤身と脂肪が層になり、骨付きのものはスペアリブと呼ばれる。濃厚な味なので、カレーや角煮など煮込み料理に。
しんたま  ももは「しんたま」と「うちもも」に分けられます。うちももは、赤身のかたまり肉で表面の脂肪が少なく、しんたまも赤身のかたまり肉で、筋・筋膜を除いてつかいます。肉質にはほとんど差がなく、きめが細かい。ヒレに次ぎビタミンB1が多く、ソテーや焼豚などに。ボンレスハムの原料です。
⑦’うちもも
そともも  きめが粗いので薄切りにして炒め物、角切りにして、煮込み用に。